中国地方

一般社団法人データクレイドルは、中国地域オープンデータ利活用ラウンドテーブルにテーブルメンバとして参加し、倉敷市真備地区の浸水被害を事例として防災(水害)に役立つオープンデータの調査・整理、必要なデータセットの定義、そのデータを活用した防災オープンデータマップ作成を行いました。

中国情報通信懇談会  「中国地域オープンデータ利活用ラウンドテーブル」まとめをご参照ください。

推奨データセット一覧倉敷市真備地区モデル

倉敷市真備地区の浸水被害を事例として公開を推奨するデータと、そのデータの作成にあたり準拠すべきルールやフォーマット等を政府推奨データセットに準拠して取りまとめたものです。各データ保有者において参考にしていただき、公開可能なデータセットから公開を進めていただくとともに、既に推奨データセットと同様のデータセットを公開している場合、フォーマットの共通化による利用者の利便性向上の観点から、データ項目等を合わせていただくことを期待します。

01 自然災害伝承碑 定義書 サンプルデータ
02 洪水浸水想定区域図 定義書 サンプルデータ
03 土砂災害警戒区域 定義書 サンプルデータ
04 土砂災害危険箇所 定義書 サンプルデータ
05 ため池ハザードマップ 定義書 サンプルデータ
06 地域・年齢別人口 定義書 サンプルデータ
07 地域別昼夜間人口 定義書 サンプルデータ
08 建物情報 定義書 サンプルデータ
09 避難場所情報 定義書 サンプルデータ
10 避難可能な場所情報 定義書 サンプルデータ
11 徒歩帰宅者支援ステーション 定義書 サンプルデータ
12 災害時要援護者情報 定義書 サンプルデータ
13 避難所周辺施設情報 定義書 サンプルデータ
14 避難勧告等の発令状況 定義書 サンプルデータ
15 避難状況 定義書 サンプルデータ
16 被害・復興状況 定義書 サンプルデータ
17 被災者支援情報 定義書 サンプルデータ

推奨データセット(倉敷市真備地区モデル)で作成したオープンデータを中国地域防災オープンデータマップに掲載して、地域防災活動に活用していただけますよう提案いたします。